LIXIL不動産ショップ高崎テクノエステート > LIXIL不動産ショップ 高崎テクノエステート高崎不動産情報ライブラリー > <コロナ禍の不動産購入>テレワークスペースの確保もお忘れなく?!

<コロナ禍の不動産購入>テレワークスペースの確保もお忘れなく?!

≪ 前へ|住まいを購入したら考える「配偶者居住権」という制度   記事一覧   団信の告知で気を付けるポイントは?|次へ ≫
カテゴリ:【 土地を買う・家を買う・家を建てる 】
高崎テクノがお送りします高崎不動産情報ライブラリーです。
今日の話題はこちら、まだまだ続きそうなコロナ禍でのライフスタイルに合わせた不動産購入についてです。


■コロナ禍で広がったテレワーク!不動産購入時にはテレワークスペースの確保は必須?!
テレワーク、リモートワークという言葉が毎日聞かれるようになりました。昨年まではテレワークをしている自分を想像すらできなかった方も多いと思います。私もきちんとした準備がないまま、急きょ在宅勤務に切り替えた事を覚えています。

遅ればせながら、これからテレワークを取り入れるという会社もあるですが、自宅で集中して仕事に取り組むには、最低限の環境づくりは欠かせません。ましてや不動産購入時に、このテレワークスペースを考慮した家探しは非常に重要です。

最悪、少し広めの不動産を購入していれば、テレワークスペースの確保の為の環境づくりはDIYと市販されている机と椅子を上手く活用して代用すれば良いのかと思います。

■不動産購入時にせっかくだったら最高のテレワークスペースを手に入れませんか?!
新型コロナウイルス感染症の拡大により、テレワークが一気に広がりました。ちなみに、テレワークの一番のメリットは「時間や場所にとらわれずに働ける」といったところだと思います。今流行りのコワーキングスペースやお気に入りのカフェなど、環境が整った場所に出向くことができれば快適な環境で働くことができますが、わざわざお金と感染リスクがある場所への移動も躊躇される方も多いと思います。おそらくここ最近テレワークに切り替わった方の多くが自宅にカンヅメ状態で働いているのではないでしょうか?

普段働いているオフィスと自宅の一番の違いはやはり設備や環境の違いだと思いますが、どうせなら、自分の好きな環境で仕事が出来るテレワークスペースを作ってしまうという事も重要かと思います。不動産購入時であれば、ぜひ、その環境づくりがしやすい状況だと思いますので、不動産探しの合間で、自分の理想とする仕事環境をイメージしておいていただきたいと思います。

これを機にDIYをスタートするという事も良いのではないでしょうか?!いずれにせよ、新型コロナウイルスの影響は当分続くと思われるため、自宅スペースで集中できる場所の確保をご検討いただきたいと思います。塗装済みの天板を取り寄せて、既成品で脚を工夫すれば、インパクトドライバーひとつでテレワークスペースを作ることができます。

■不動産購入時にテレワークスペースを自分で作れるキットが発売された?!
また、NTT都市開発は在宅勤務用に、再生古紙を用いた組み立て式の書斎空間ユニットを発売されたようです。スペースは畳1枚分に相当。壁などには吸音性が高い素材を採用しているようです。この大きさのスペースであれば、不動産購入時にイメージしやすいのではないでしょうか?

製品名は「ウエリスカスタム OTONA(おとな)基地」。幅0.9メートル、高さと奥行きが各1.8メートルの空間の中にデスクと本棚を備え付けたシンプルな設計です。壁やデスクは軽さと強度が特徴の再生古紙を用いた素材を採用し、組み立て所要時間は大人2人で2時間程度のようです。

マグネット式で角度を調節できる発光ダイオード(LED)照明もあるようで、手元を照らせるほか、テレビ会議中は自分の顔に照明を当てられます。入り口の扉を閉められるほか、取り外し可能な天板も設置でき、密閉性が高まるため外部の音を遮ることができます。ちょっとした、隠れ家的なテレワークスペースになりそうです。

価格は15万9500円。送料は首都圏が税別1万円程度を想定されています。このようなキットを購入し、不動産購入後のテレワークスペースにしていただくのも面白いと思います。

ぜひ、今後の住宅購入の参考にお役立て下さい。


【高崎不動産情報ライブラリーのサービス】


その1:不動産物件をAIが自動物件紹介サービス

【物件提案ロボ・土地情報ロボ】

 

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。
不動産データベース【REINS】登録翌日に「新着物件」の通知メールを送信致します。物件情報に加えて、物件の資産性をビッグデータにより評価書付きにてお届けするサービスです。

【REINS】のご説明

 売主から物件売却の依頼を受けると、不動産事業者だけが閲覧できる「レインズ」というデータベースに情報を登録することが法律で義務づけられています。どの不動産事業者に行っても同じ不動産情報が得られる仕組みになっており、全国各地から多くの買い手が物件を探すことができる仕組みになっています。





   

    詳しくはコチラ⇒『セルフィンについてもっと詳しく見る』




詳しくはコチラ⇒『全国マンションデータベースについてもっと詳しく見る』

※ご利用には事前にセルフインのご登録が必要になります。

 セルフィンご登録はコチラ⇒『セルフィンについてもっと詳しく見る』



その2:ご契約いただいた方にはTポイントプレゼント!



Tポイントプレゼントサービスについて、詳しくは画面トップ右上の「お問合せ」ボタンからお気軽にお問合せください。同じ物件を買ってTポイントがもらえるなら当社で決めるのが絶対お得♪

高崎市倉賀野町・下之城町・島野町・大沢町・井野町・西横手町、前橋市大利根町・小相木町・六供町の新築戸建、売買、不動産査定・売却、戸建賃貸「カスモ」のことなら高崎テクノにお任せください♪
≪ 前へ|住まいを購入したら考える「配偶者居住権」という制度   記事一覧   団信の告知で気を付けるポイントは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る