LIXIL不動産ショップ高崎テクノ >LIXIL不動産ショップ H&Gエステート高崎不動産情報ライブラリー

LIXIL不動産ショップ H&Gエステート高崎不動産情報ライブラリー

 HOT ENTRY

軒と庇の違いをご存知でしょうか?の画像


【 土地を買う・家を買う・家を建てる 】

軒と庇の違いをご存知でしょうか?
8月に入ってから毎日暑い日が続いていますが、皆さま、体調は問題ないでしょうか?高崎は今日も最高気温35℃の予想、高崎不動産情報ライブラリーです。今日は日本家屋にみられる涼しく過ごす家の工夫のひとつ、軒と庇についての話題です。建物の屋根で外壁より突き出している部分を軒(のき)といい、窓や出入口の上取り付けて、日よけや雨よけ用の小型の屋根の事を庇(ひさし)と言います。最近の都心部の住宅は軒が短い、またはない住宅が建てられていますが、かつての日本住宅では、軒はほとんどありました。日本住宅の軒や庇の出がより深く建てられた理由は、出の深い軒や庇には、夏の真上からの陽光をさえぎり暑さを抑えつつ、冬の斜めか...

2020-08-07

耐震診断の義務化対策道沿い旧耐震マンションについての画像


【 失敗しない不動産購入術 】

耐震診断の義務化対策道沿い旧耐震マンションについて
こんにちは、高崎不動産情報ライブラリーです。今日の高崎もぐんぐん気温が上がり、体温を超える勢いです(;^_^A。皆さまも熱中症対策はしっかりしてくださいね。耐震診断の義務化対象道路とは?災害発生時に、被災者の避難や救急活動等を円滑に行うための路線を緊急輸送道路と言います。その緊急輸送道路のうち、特に重要な緊急輸送道路が「耐震診断の義務化対象道路」として指定され、沿道建築物については、耐震診断の実施が義務となっています。(この、耐震診断の実施が義務付けられている物件を東京都では「特定緊急輸送道路沿道建築物」と呼んでいます。)災害が起こった時に、建物が崩壊してしまったら道路がふさがれて、車が通れな...

2020-08-06

ドローン(小型無人機)を活用したインスペクションの普及に向けて ドローンの所有者に登録義務付け(200グラム以上)の画像


【 失敗しない不動産購入術 】

ドローン(小型無人機)を活用したインスペクションの普及に向けて ドローンの所有者に登録義務付け(200グラム以上)
今日の高崎は朝から晴れてぐんぐん気温が上がっています。我慢せずにエアコンを使用して熱中症対策と換気やソーシャルディスタンスを保った感染拡大防止対策の両立をしていきましょう。それでは今日もお役立ち情報をお届けいたします、高崎不動産情報ライブラリーです。■6月17日に航空法改正案が可決され、ドローン(小型無人機)の所有者の登録を義務付け以前より、ドローン(小型無人機)を活用したインスペクションが普及していくものと考えています。最近ではドローンを活用した配送、物流やインフラ点検などに活用の幅が広がり、また新型コロナウイルスの影響により、非接触での対応を行うため、ドローン(小型無人機)を巡り、様々な意...

2020-08-04

トップへ戻る