LIXIL不動産ショップ高崎テクノエステート > LIXIL不動産ショップ 高崎テクノエステート高崎不動産情報ライブラリー > 「本気の街づくり」を目指した豊島区!

「本気の街づくり」を目指した豊島区!

≪ 前へ|不動産売買における「手付金」とは   記事一覧   【瑕疵保険⑥】売主が個人の場合 後編|次へ ≫
カテゴリ:【 失敗しない不動産購入術 】
高崎テクノがお送りする高崎不動産情報ライブラリーです。
先日、ニュースでとしまえん閉園の様子を見ました。跡地にはハリーポッター関連の施設ができるそうですね。

2014年5月に豊島区は23区で唯一、「消滅可能性都市」と指摘されたことをきっかけに豊島区長は脱却するため、魅力的な街づくりに取り組んでいるそうです。引き続き、現在の豊島区についてお伝えしようと思います。

※消滅可能性都市とは、人口流出、少子化が進み、存続できなくなるおそれがある自治体を言います。

「豊島区国際アート・カルチャー都市構想」「としま100人女子会」などの政策を掲げ、行政と民間が一体となり、妊娠や出産の相談や「子育てナビゲーター」の設置などで、子育てしやすい環境の整備を始めました。

また、市街地の再開発により、区役所のある超高層タワー「としまエコミューゼタウン」の再開発プロジェクトや、住宅・オフィス・商業施設・保育施設等により木造住宅密集地域の改善を行うとともに、防災拠点と連携した防災機能を導入し、災害に強い街の実現を図るようです。

大学の新キャンパスの開校予定や「Hareza池袋」というミュージカルや伝統芸能を公演するホールや、アニメ、サブカルチャーを楽しめる空間として8っの劇場を備え、「中池袋公園」はアニメファンの女の子たちの交流の場を作ったり、「豊島区立トキワ荘マンガミュージアム」をオープンさせたりと、若い人達が街に増えて賑わいを見せるようになってくるかと思います。

そもそも、豊島区の池袋駅ではJR東日本の乗降客数は新宿駅に次ぎ、第2位となります。多くの百貨店、商業施設があり、多くの人で賑わっているイメージではあったのに、実際は「消滅可能性都市」に指摘されてしまうような事もあると、住民も含め街全体で活性化する努力をすることが必要なのだと思います。

街が活性化すると、その街に住みたいと思う人が増え、資産価値が高くなっていくと思います。現状だけでなく将来に向けてどのような政策を検討しているかも、街選びの方法の一つとなっても良いかと思います。

【高崎不動産情報ライブラリーのサービス】


その1:不動産物件をAIが自動物件紹介サービス

【物件提案ロボ・土地情報ロボ】

 

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。
不動産データベース【REINS】登録翌日に「新着物件」の通知メールを送信致します。物件情報に加えて、物件の資産性をビッグデータにより評価書付きにてお届けするサービスです。

【REINS】のご説明

 売主から物件売却の依頼を受けると、不動産事業者だけが閲覧できる「レインズ」というデータベースに情報を登録することが法律で義務づけられています。どの不動産事業者に行っても同じ不動産情報が得られる仕組みになっており、全国各地から多くの買い手が物件を探すことができる仕組みになっています。





   

    詳しくはコチラ⇒『セルフィンについてもっと詳しく見る』




詳しくはコチラ⇒『全国マンションデータベースについてもっと詳しく見る』

※ご利用には事前にセルフインのご登録が必要になります。

 セルフィンご登録はコチラ⇒『セルフィンについてもっと詳しく見る』



その2:ご契約いただいた方にはTポイントプレゼント!



Tポイントプレゼントサービスについて、詳しくは画面トップ右上の「お問合せ」ボタンからお気軽にお問合せください。同じ物件を買ってTポイントがもらえるなら当社で決めるのが絶対お得♪

高崎市倉賀野町・下之城町・島野町・大沢町・井野町・西横手町、前橋市大利根町・小相木町・六供町の新築戸建、売買、不動産査定・売却、戸建賃貸「カスモ」のことなら高崎テクノにお任せください♪
≪ 前へ|不動産売買における「手付金」とは   記事一覧   【瑕疵保険⑥】売主が個人の場合 後編|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る