LIXIL不動産ショップ高崎テクノエステート > LIXIL不動産ショップ 高崎テクノエステート高崎不動産情報ライブラリー > フラット35リノベ 2021年1月申請分から金利Bプランの要件が緩和

フラット35リノベ 2021年1月申請分から金利Bプランの要件が緩和

≪ 前へ|終電が早くなる!?   記事一覧   コロナ禍での「新しい生活様式」|次へ ≫
カテゴリ:【 お金・ローン・税金・補助金 】
高崎テクノがお送りする高崎不動産情報ライブラリーです。
今日の高崎は曇の間からチラッとお日様が顔を出す肌寒い一日です。
それでは今日もお役立ち情報をお届けいたしてまいります。


■フラット35リノベとは
本制度は、【フラット35】を活用した性能向上リフォーム推進モデル事業として住宅金融支援機構が独自に実施するもので、中古住宅・リフォーム市場の活性化および住宅ストックの質の向上を図ることを目的としています。

2020年4月1日から2021年3月31日までの申し込み受付分に適用される
期限ありきのプランです。
※ 【フラット35】リノベには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了となりますのでお気を付けください。受付終了日は、終了する約3週間前までに住宅金融支援機構のサイトで告知されます。

 

▼【借入対象となる住宅の条件】
リフォーム後に、フラット35の技術基準に加えて、以下の条件を満たす場合に利用できます。

1 「基準を満たす性能向上リフォームを行うこと」
2 「中古住宅の維持保全に係る措置を行うこと」
3 「金利Bプランは、200万円以上のリフォーム工事が必要」
(金利Aプランは、300万円以上のリフォーム工事が必要)

また、性能向上リフォームを実施しない場合でも、中古住宅購入費用とリフォーム費用を融資することができる場合があります。

≪性能向上リフォームとは≫
性能向上リフォームとは、省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性のいずれかの住宅性能を向上させるリフォームです。【フラット35】リノベのご利用には、性能向上リフォームの基準を満たす必要があります。
2021年1月以降の物件検査申請分より、金利Bプランは基準が下記に緩和されます。


≪中古住宅の維持保全に措置≫


中古住宅を購入する上ではどれもやりたいところですが、特に①インスペクションの実施、②瑕疵保険の付保などは、フラット35リノベを利用しなくても取り入れたい措置です。
中古住宅を安心して、そして必要な個所は性能向上のリフォームを行い、リフォーム資金は住宅ローンの金利として、しかも金利が当初5年(金利Bプラン)、ないし当初10年(金利Aプラン)0.5%もの金利引き下げとなりますので、使わない手はないと思います。

中古住宅を購入してリフォーム 安心してお得にローン組みたい方にはぴったりのプランです。「フラット35リノベ」ご利用ください。

※フラット35リノベについての詳細は、住宅金融支援機構の下記サイトをご参照ください。


【高崎不動産情報ライブラリーのサービス】

その1:不動産物件をAIが自動物件紹介サービス

【物件提案ロボ・土地情報ロボ】

 

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。
不動産データベース【REINS】登録翌日に「新着物件」の通知メールを送信致します。物件情報に加えて、物件の資産性をビッグデータにより評価書付きにてお届けするサービスです。

【REINS】のご説明

 売主から物件売却の依頼を受けると、不動産事業者だけが閲覧できる「レインズ」というデータベースに情報を登録することが法律で義務づけられています。どの不動産事業者に行っても同じ不動産情報が得られる仕組みになっており、全国各地から多くの買い手が物件を探すことができる仕組みになっています。





   

    詳しくはコチラ⇒『セルフィンについてもっと詳しく見る』




詳しくはコチラ⇒『全国マンションデータベースについてもっと詳しく見る』

※ご利用には事前にセルフインのご登録が必要になります。

 セルフィンご登録はコチラ⇒『セルフィンについてもっと詳しく見る』



その2:ご契約いただいた方にはTポイントプレゼント!



Tポイントプレゼントサービスについて、詳しくは画面トップ右上の「お問合せ」ボタンからお気軽にお問合せください。同じ物件を買ってTポイントがもらえるなら当社で決めるのが絶対お得♪

高崎市倉賀野町・下之城町・島野町・大沢町・井野町・西横手町、前橋市大利根町・小相木町・六供町の新築戸建、売買、不動産査定・売却、戸建賃貸「カスモ」のことなら高崎テクノにお任せください♪
≪ 前へ|終電が早くなる!?   記事一覧   コロナ禍での「新しい生活様式」|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る