LIXIL不動産ショップ高崎テクノ > LIXIL不動産ショップ H&Gエステート高崎不動産情報ライブラリー > 不動産業界の実態

不動産業界の実態

≪ 前へ|空き家運用の実態を探る   記事一覧   都内で最近よく見かけるシェアサイクル。自宅近くにあると確かに便利です|次へ ≫
カテゴリ:【 失敗しない不動産購入術 】
こんにちは、高崎不動産情報ライブラリーです。
今日の高崎は曇り空ながら最高気温29℃予想です。風もなくムシムシとして暑いです。熱中症に気を付けてこまめに水分を取りましょう。


難しい話が続いたので、お茶請けとして、不動産業界の実態について説明しようと思います。
実際は物件や取引の状況で判断が異なるので、この記事の内容は、そういう見方もあるんだ、程度でお願いします。

太郎さ~ん。
知り合いが中古戸建てを買いたいみたいなんですけど、なんか不動産屋さんが新築ばっかり勧めてきて困ってるんです。

その友人はリフォームがしたいのかな?

よくわかりましたね。
リビングとキッチンにこだわりたいようで、築年数は古くてもいいからしっかりリフォームしたいみたいなんです。

ちょうど良い機会なんで、不動産業者の実態について説明しようか。

お願いします!

日本の不動産市場は新築偏重だった

もともと不動産業界ってのは新築を売るための業界だったんだ。

でも、住んでいる家がいらなくなったら売却しますよね。

ああ。
少し前までは家を買う=新築を建てるという価値観が強かったから、築浅物件を除いて、中古の物件は壊して新しく家を建てるのが普通だった。

でもマンションは建替えられませんよね。

そうだね。
マンションは容易に建て替えができないから、中古の流通も割と早い段階から形成されていた。
ひとつ聞くけどが、中古物件って「新築が買えないから仕方なく」って思ってない

確かにお金があったら新築の方がいいな、って思いますけど。

その価値観が横行していたのがこれまでの住宅業界だったんだ。
消費者に届く情報がことごとく新築に偏ったものだから、家を買う=新築という価値観が形成されたんだ。
ちょうど私たちの親世代なんかは未だにその影響を受けてるよ。

友人も中古なんてやめろって親に反対されたと言ってました!

日本の住宅業界が新築偏重だったのにはいくつか理由があるんだが、今回は事業者がテーマだから、別の機会に説明することにするよ。

そんなこんなで新築を売る業界が長らく続いてきたんで、今の不動産事業者も、家を売る=新築を売るという感覚から脱してない人が多い

新築ばっかり建ててたら家が余っちゃいますよね。

その通り。
昔は人口が増える時代だったから、そもそも数が足りていない時期もあったし、古いものを無理やり使わなくても壊して新築する人も多かったから、新築偏重の業界で問題がなかった。
でも今の日本は人口減少社会だから、実際に家が余って困っている
空き家ばっかりの街に住みたいかい?

それは嫌です~。
ご近所さんがいないと寂しいじゃないですか。

実はそんなに簡単な問題じゃないんだ。
空き家問題は既に顕在化した社会問題で、空き家の割合が多くなった街は、街として機能しなくなるんだ。
誰かが勝手に住み始めても気が付かないだろう?
今の日本の社会は、住宅には人が住むことを前提に設計されているから、人が住まない家が増えると、これまでなかった問題がたくさん発生することになるんだ。

じゃあもう新築はいらないってことですか?

一概には言えない。立場によって答えが変わるという方が適切かな?
別に新築そのものが悪というわけじゃないからね。
ただ、今の住宅業界が少し歪なのは、“新築を売らないと成り立たない事業者”がいるってことだ。
消費者が新築でなければならない理由は昔と変わっていないし、むしろ中古の選択肢が増えている分、消費者は昔ほど新築を必要としていないとも言える。

新築に偏った情報が横行している

でもCMとかでたくさんPRしてるじゃないですか。
やっぱり家を買うなら新築がいいなって思いますよ。

そこが問題。
消費者と事業者の情報格差の問題があるって前に言ったよね。

非対称性でしたっけ。

本来であれば新築であってもデメリットはあるし、中古物件にもメリットはいっぱいある。
でも新築を建てないと成り立たない会社の立場だったらどうする?

新築のいいところをPRします。。。

PRだけでなく、業者にとって不都合な情報はあまり出ないようにする。
つまりは中古が魅力的って情報はあまり消費者には届かない。

そんなのなんかズルいです!

他の業界だって同じだろ?
ここで言いたいのは、住宅業界は新築に偏った情報が横行しているということを認識することが大切ってこと。

中古も検討した方がいいってことですか。

そもそも、日本の不動産の価値は建物と土地に分かれる。
新築か中古かってのは建物の問題でしかない。
そして不動産の価値に影響するには建物ではなく間違いなく土地なんだ。
立地が最優先なんだよ。

立地なんてあんまり聞きませんよ~。

そりゃそうだ。
立地の良いところから順番に家を建てるに決まってるじゃないか。
これだけ家が余ってるんだから、当然好立地にはすでに家が建ってるよ。
でも業者は新築を売りたいじゃないか。
だから、立地が劣る分、新築である価値を殊更PRしなきゃいけないわけだ。

なんだか嫌な話になってきましたね。

企業が自社商品の良いところを宣伝するのは健全な経済活動だよ。
問題は消費者がどう捉えるか、だ。
断言するけど、「賢い住宅購入」を実現したければ、新築であることの優先順位は非常に低い
むしろマイナスの場合が多い。

難しいです。。 。

資産価値についてはエリアの特性なんかもあるから、個別に相談した方が適切な情報が得られると思う。
家を買う時は立地という判断基準を持つことが大切と認識しておけば、とりあえず大丈夫。

わかりました。

しばらく業者にとっては知られると都合が悪い話が続くけど、まず前提として新築偏重というのは業者が作った価値観ではあるものの、長らく消費者もそれを受け入れていた、という点はきちんと認識しよう。


【高崎不動産情報ライブラリーのサービス】


その1:不動産物件をAIが自動物件紹介サービス

【物件提案ロボ・土地情報ロボ】

 

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。
不動産データベース【REINS】登録翌日に「新着物件」の通知メールを送信致します。物件情報に加えて、物件の資産性をビッグデータにより評価書付きにてお届けするサービスです。

【REINS】のご説明

 売主から物件売却の依頼を受けると、不動産事業者だけが閲覧できる「レインズ」というデータベースに情報を登録することが法律で義務づけられています。どの不動産事業者に行っても同じ不動産情報が得られる仕組みになっており、全国各地から多くの買い手が物件を探すことができる仕組みになっています。





   

    詳しくはコチラ⇒『セルフィンについてもっと詳しく見る』




詳しくはコチラ⇒『全国マンションデータベースについてもっと詳しく見る』

※ご利用には事前にセルフインのご登録が必要になります。

 セルフィンご登録はコチラ⇒『セルフィンについてもっと詳しく見る』



その2:ご契約いただいた方にはTポイントプレゼント!



Tポイントプレゼントサービスについて、詳しくは画面トップ右上の「お問合せ」ボタンからお気軽にお問合せください。同じ物件を買ってTポイントがもらえるなら当社で決めるのが絶対お得♪

高崎市倉賀野町・下之城町・島野町・大沢町・井野町・西横手町、前橋市大利根町・小相木町・六供町の新築戸建、売買、不動産査定・売却、戸建賃貸「カスモ」のことなら高崎テクノにお任せください♪

≪ 前へ|空き家運用の実態を探る   記事一覧   都内で最近よく見かけるシェアサイクル。自宅近くにあると確かに便利です|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る