LIXIL不動産ショップ高崎テクノ > LIXIL不動産ショップ H&Gエステート高崎不動産情報ライブラリー > フラット35のリフォームにも使えるローン

フラット35のリフォームにも使えるローン

≪ 前へ|緊急事態宣言が出てから 中古住宅のマーケットは今どうなっている?   記事一覧   5Gの実用化でできること|次へ ≫
カテゴリ:【 お金・ローン・税金・補助金 】
こんにちは、高崎不動産情報ライブラリーです。
今日の高崎は最高気温13度と気温が上がらず、タンスにしまい込んだニットを引っ張り出して羽織ることに。
では、今日のお役立ち情報をお届けしてまいります。


フラット35と言えば、35年固定ローンですが、リフォームにも使える「リフォーム一体型ローン」という商品が利用できるようになりました。

リフォームの工事内容は、費用や借入額との割合にも制限はないようです。

ですので、ご希望のリフォームに35年固定でローンを組む事が出来ます。

もちろん、フラット35Sの利用も出来ますので、技術基準に合わせてリフォームを行うと良いと思います。

ですが、リフォーム一体型の融資を希望される場合は下記の書類が必要となります。

【中古マンションの場合】

①建物謄本

②販売チラシ

③重要事項調査報告書

④各階平面図

⑤管理規約表紙

⑥長期修繕計画書

【中古戸建ての場合】

①土地謄本

②建物謄本

③販売チラシ

④建築確認済証又は台帳記載証明書

⑤各階平面図もしくは立面図など(旧耐震の場合)

書類を揃えていただくのはもちろんですが、その他にも仲介会社とリフォーム会社が関連会社ではない事が条件でしたり、注意事項はございますが、リフォーム部分も一緒にローンを組む事が出来るのは良いと思います。

更に諸費用も一緒にローンで組む事も出来るので、自己資金を極力抑えての住宅購入が可能となります。

全体の9割融資か10割融資かによって金利は変わってきますが、更にフラット35が利用しやすくなるのではないでしょうか?

高崎不動産情報ライブラリーでもフラット35の取り次ぎが出来ます。

どこで住宅ローンを組んでも一緒なんて事は絶対ありませんので、住宅購入の際は必ずローンもしっかりと検討してきましょう。

ご興味のある方はご相談ください。

【高崎不動産情報ライブラリーのサービス】


その1:不動産物件をAIが自動物件紹介サービス

【物件提案ロボ・土地情報ロボ】

 

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。
不動産データベース【REINS】登録翌日に「新着物件」の通知メールを送信致します。物件情報に加えて、物件の資産性をビッグデータにより評価書付きにてお届けするサービスです。

【REINS】のご説明

 売主から物件売却の依頼を受けると、不動産事業者だけが閲覧できる「レインズ」というデータベースに情報を登録することが法律で義務づけられています。どの不動産事業者に行っても同じ不動産情報が得られる仕組みになっており、全国各地から多くの買い手が物件を探すことができる仕組みになっています。


ご利用はコチラから⇒//era.self-in.com/takasaki01/robo


ご利用はコチラから⇒//era.self-in.com/takasaki01/land_robo



ご利用はコチラから⇒//era.self-in.com/takasaki01



ご利用はこちらから⇒//era.self-in.com/takasaki01/mdb

※セルフインのご登録が必要になります。



その2:お問合せから不動産物件をご契約いただくとTポイントプレゼント!


Tポイントプレゼントサービスについて、詳しくは画面トップ右上の「お問合せ」ボタンからお気軽にお問合せください。

高崎市倉賀野町・下之城町・島野町・大沢町・井野町・西横手町、前橋市大利根町・小相木町・六供町の新築戸建、売買、不動産査定・売却のことなら高崎テクノにお任せください♪


≪ 前へ|緊急事態宣言が出てから 中古住宅のマーケットは今どうなっている?   記事一覧   5Gの実用化でできること|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る