LIXIL不動産ショップ高崎テクノ > LIXIL不動産ショップ H&Gエステート高崎不動産情報ライブラリー > 【住宅ローン減税2】住宅ローン減税が使えない!

【住宅ローン減税2】住宅ローン減税が使えない!

≪ 前へ|【住宅ローン減税1】不動産会社選びが重要です!   記事一覧   違法広告「ステカン」を調べてみました|次へ ≫
カテゴリ:【 お金・ローン・税金・補助金 】



今回から住宅ローン減税をテーマに解説いたします。
高崎不動産情報ライブラリーでも何度か取り上げているテーマなのですが、制度がややこしくて上手く伝えるのが難しい問題になります。
中古住宅の住宅ローン減税がややこしいのは、建物の構造・工法、築年数によって判断が変わるからです。
住宅ローン減税はこれから家を買う人にとって欠かせない重要な補助制度です。
まさかの事態に追い込まれないためにも、業者任せではなく、正しい知識を身につけておきたいところです。


念願のマイホーム購入!でも住宅ローン減税が使えないって?

太郎さ~ん。相談なんですけど。
少し前に中古住宅を買って引っ越した友人が確定申告に行ったら、なんか証明書がないと住宅ローン減税使えないって言われたみたいで、困ってるんです。
何とかなりませんか?

チュースケ君。多分その物件は築20年以上の戸建てか、築25年以上のマンションだろう?

え、なんでわかるんですか。
確かに築30年のマンションって言ってました。

あぁ、マンションか…。
残念ながら「手遅れ」だな。

ちょっと待ってくださいよ!
まだ物件の詳細とか言ってないじゃないですか。

中古住宅の場合、住宅ローン減税を利用するにはいくつか条件があるんだ。
その友人は買って引っ越したというから、所有権移転後ということになると思う。
築25年を超える中古マンションの場合は、所有権移転までに手続きをやっておかないといけないんだ
確定申告で指摘されたくらいだから、必要な手続きがなされなかった、ってとこだろう。
今からだとどうしようもないね。

そんなぁ。
住宅ローン減税って家を買ったら漏れなく使えるもんじゃないですか?

国の制度だから無条件で使えるなんてことはないよ。
今回は築年数が問題になったけど、住宅ローン減税には収入や広さ、居住の要件なんかがある

住宅ローン減税の要件

自ら居住すること

住宅ローン減税を受けられるのは「居住の用に供した場合」とされています。また、住宅の引渡し又は工事の完了から6ヶ月以内に、減税を受けようとする者が自ら居住する必要があり、居住の実態は住民票により確認することとなります。このため、別荘などのセカンドハウスや賃貸用の住宅は対象となりません。

床面積が50m2以上であること

対象となる住宅の床面積が50m2以上であることが要件となっています。この床面積の測定方法は不動産登記上の床面積と同じであり、戸建住宅の場合は壁心、共同住宅の場合は内法により測定することとなっています。

耐震性能を有していること(中古住宅の場合)

新築住宅は現在の建築基準法に基づき設計され、建築確認を受けていますが、中古住宅の場合、建築年代によっては現行の耐震基準を満たしていない場合があります。このため、中古住宅を購入する場合に住宅ローン減税を受けるためには、耐震性能を有していることを別途確認する必要があり、次のいずれかに適合することが要件となります。

ア:築年数が一定年数以下であること

  • 耐火建築物以外の場合(木造など):20年以内に建築された住宅であること
  • 耐火建築物の場合:25年以内に建築された住宅であること

※鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造など

イ:以下のいずれかにより現行の耐震基準に適合していることが確認された住宅であること

  1. 耐震基準適合証明書
    国土交通大臣が定める耐震基準に適合していることについて、建築士等が証明したもの
  2. 既存住宅性能評価書(耐震等級1以上)
    既存住宅性能評価において、耐震等級1以上が確認されたもの
  3. 既存住宅売買瑕疵保険に加入
    住宅瑕疵担保責任保険法人による中古住宅の検査と保証がセットになった保険(既存住宅売買瑕疵保険)に加入していること。同保険への加入には現行の耐震基準に適合していることが要件とされている。【平成25年度税制改正により追加】

その他の主な要件

  • 借入金の償還期間が10年以上であること
  • 合計所得金額が3000万円以下であること(3000万円を超える年は住宅ローン控除が利用できない)
  • 増改築等の場合、工事費が100万円以上であること

日本の住宅市場は長らく新築偏重だったから、漏れなく使えるって感覚が浸透しているのかもね。


 【高崎不動産情報ライブラリ-が提供するサービス】

その1:不動産物件をAIが自動物件紹介サービス

【物件提案ロボ・土地情報ロボ】

 

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。
不動産データベース【REINS】登録翌日に「新着物件」の通知メールを送信致します。物件情報に加えて、物件の資産性をビッグデータにより評価書付きにてお届けするサービスです。

【REINS】のご説明

 売主から物件売却の依頼を受けると、不動産事業者だけが閲覧できる「レインズ」というデータベースに情報を登録することが法律で義務づけられています。どの不動産事業者に行っても同じ不動産情報が得られる仕組みになっており、全国各地から多くの買い手が物件を探すことができる仕組みになっています。


ご利用はコチラから⇒//era.self-in.com/takasaki01/robo



ご利用はコチラから⇒//era.self-in.com/takasaki01/land_robo



ご利用はコチラから⇒//era.self-in.com/takasaki01



ご利用はこちらから⇒//era.self-in.com/takasaki01/mdb

※セルフインのご登録が必要になります。


その2:お問合せから不動産物件をご契約いただくとTポイントプレゼント!

Tポイントプレゼントサービスについて、詳しくは画面トップ右上の「お問合せ」ボタンからお気軽にお問合せください。


高崎市倉賀野町・下之城町・島野町の新築戸建、賃貸、売買、不動産査定・売却のことなら高崎テクノにお任せください♪
≪ 前へ|【住宅ローン減税1】不動産会社選びが重要です!   記事一覧   違法広告「ステカン」を調べてみました|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る