LIXIL不動産ショップ高崎テクノエステート > LIXIL不動産ショップ 高崎テクノエステート高崎不動産情報ライブラリー > 自宅がまさかの「再建築不可物件」問題発覚!

自宅がまさかの「再建築不可物件」問題発覚!

≪ 前へ|不動産購入の大まかな流れを知ろう!   記事一覧   不動産「ババ抜き」状態?!災害危険地は住宅優遇を排除される時代へ|次へ ≫
カテゴリ:【 土地を買う・家を買う・家を建てる 】
高崎テクノがお送りします高崎不動産情報ライブラリーです。
そういえば、ある番組で再建築不可物件を森泉さんが自らの手で一軒家をリフォームしていましたよね。
それに関連して、知り合いの方から気になるお話をお聞きしましたので、載せておきます。


我が家は築75年位の古い家です。
先日、建て替えを視野に自宅の土地調査を自分で行ってみました。
結果は道路から奥まっている路地状敷地の為問題が起きました。

路地状敷地の定義は「道路から見渡せない死角があること」です。
また、 路地状部分の幅が4メートル必要と言われました。
現状は2メートルぐらい思われるため道路の幅を広げる工事が必要との事でした。

改めて公図を取り、土地の全部事項証明書を取り寄せ、最寄りの市役所のまちづくり課に開発行為等の相談に行きました。
とても丁寧に対応して頂き、今後出てくる問題を調べて頂き、他の部署にも一緒に行って説明して問題の解決策を探して頂きました。

今後の建て替えに関してどのように進めたら良いのかのアドバイスを受け、これから本格的にハウスメーカーに行って話を進めて行きたいと思っています。

自宅は簡単に建て替えできるものだと思っていましたが、普段使っている道が建築基準法の定められている道路ではない事を知ったときはかなりショックでしたが、解決策はありそうでしたので、次回はその後の結果をまだまだ時間はかかりますが、お知らせしたいと思います。


【高崎不動産情報ライブラリーのサービス】

その1:不動産物件をAIが自動物件紹介サービス

【物件提案ロボ・土地情報ロボ】

 

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。
不動産データベース【REINS】登録翌日に「新着物件」の通知メールを送信致します。物件情報に加えて、物件の資産性をビッグデータにより評価書付きにてお届けするサービスです。

【REINS】のご説明

 売主から物件売却の依頼を受けると、不動産事業者だけが閲覧できる「レインズ」というデータベースに情報を登録することが法律で義務づけられています。どの不動産事業者に行っても同じ不動産情報が得られる仕組みになっており、全国各地から多くの買い手が物件を探すことができる仕組みになっています。





   

    詳しくはコチラ⇒『セルフィンについてもっと詳しく見る』




詳しくはコチラ⇒『全国マンションデータベースについてもっと詳しく見る』

※ご利用には事前にセルフインのご登録が必要になります。

 セルフィンご登録はコチラ⇒『セルフィンについてもっと詳しく見る』



その2:ご契約いただいた方にはTポイントプレゼント!



Tポイントプレゼントサービスについて、詳しくは画面トップ右上の「お問合せ」ボタンからお気軽にお問合せください。同じ物件を買ってTポイントがもらえるなら当社で決めるのが絶対お得♪

高崎市倉賀野町・下之城町・島野町・大沢町・井野町・西横手町、前橋市大利根町・小相木町・六供町の新築戸建、売買、不動産査定・売却、戸建賃貸「カスモ」のことなら高崎テクノにお任せください♪
≪ 前へ|不動産購入の大まかな流れを知ろう!   記事一覧   不動産「ババ抜き」状態?!災害危険地は住宅優遇を排除される時代へ|次へ ≫

トップへ戻る