LIXIL不動産ショップ高崎テクノ > LIXIL不動産ショップ H&Gエステート高崎不動産情報ライブラリー > ビルトインガレージとは!

ビルトインガレージとは!

≪ 前へ|不動産購入前に知っておきたい、夫婦間のお金についてのお話について!   記事一覧   非接触売買契約が完了「IT重説+電子契約」|次へ ≫
カテゴリ:【 土地を買う・家を買う・家を建てる 】
こんにちは、高崎不動産情報ライブラリーです。
今日から6月ということで、夏服へと衣替えですね。といっても、クールビズは5月中からのところも多いようです。


ビルトインガレージ(ガレージハウス)とは、家と一体化しているガレージのことです

ビルトインガレージのメリット

車を雨や風などから守り管理することができる
間取りの自由度が高いため趣味のものとして眺めることもできる
車の乗り降りが非常に楽になります。育児、介護の大きな助けとなる場合もあるでしょう。

ビルトインガレージの固定資産税について

家全体の延床面積の1/5までのビルトインガレージであれば容積率に含まれないため、広さに気をつければ固定資産税の節約も可能です。

ただし、電動シャッターなどの高級な設備が付いている場合には課税対象となる場合があります。固定資産税の対象については各行政区域によって異なるため、事前に確認するようにしましょう。

ビルトインガレージのデメリット

費用がかかるので、予算をよく考慮する
特に1階部分をガレージが大きく占めるため、1階につくることができる部屋は少なくなります。不便がないよう間取りを考慮する必要があります。
ガレージ部分には柱をつくることができません。上の階だけでなく家全体を支えるだけの強度を考えた設計にする必要があります。
車の排気ガスがガレージの奥にこもる可能性があるため換気として窓や排気口などを設置する
ビルトインガレージは、音や振動が家に伝わりやすい可能性があります。
ガレージに寝室を隣接させないようにする、防音対策も必要になる

ガレージ内に自然光を取り入れにくいので、明るくする工夫(窓やライト)が必要

所有する車の台数が増えても対応できない

このように車を所有していずれは駐車場の検討する場合は税金面やガレージ分の建築費をしっかり考慮した上で
取り入れたいものです。
以上の事に気を付けてビルトインガレージを検討されてはいかがでしょうか。

【高崎不動産情報ライブラリーのサービス】


その1:不動産物件をAIが自動物件紹介サービス

【物件提案ロボ・土地情報ロボ】

 

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。
不動産データベース【REINS】登録翌日に「新着物件」の通知メールを送信致します。物件情報に加えて、物件の資産性をビッグデータにより評価書付きにてお届けするサービスです。

【REINS】のご説明

 売主から物件売却の依頼を受けると、不動産事業者だけが閲覧できる「レインズ」というデータベースに情報を登録することが法律で義務づけられています。どの不動産事業者に行っても同じ不動産情報が得られる仕組みになっており、全国各地から多くの買い手が物件を探すことができる仕組みになっています。


ご利用はコチラから⇒//era.self-in.com/takasaki01/robo


ご利用はコチラから⇒//era.self-in.com/takasaki01/land_robo



ご利用はコチラから⇒//era.self-in.com/takasaki01



ご利用はこちらから⇒//era.self-in.com/takasaki01/mdb

※セルフインのご登録が必要になります。



その2:お問合せから不動産物件をご契約いただくとTポイントプレゼント!


Tポイントプレゼントサービスについて、詳しくは画面トップ右上の「お問合せ」ボタンからお気軽にお問合せください。

高崎市倉賀野町・下之城町・島野町・大沢町・井野町・西横手町、前橋市大利根町・小相木町・六供町の新築戸建、売買、不動産査定・売却のことなら高崎テクノにお任せください♪

≪ 前へ|不動産購入前に知っておきたい、夫婦間のお金についてのお話について!   記事一覧   非接触売買契約が完了「IT重説+電子契約」|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る