LIXIL不動産ショップ高崎テクノ > LIXIL不動産ショップ H&Gエステート高崎不動産情報ライブラリー > 住宅ローンは変動型が人気!?

住宅ローンは変動型が人気!?

≪ 前へ|【住宅ローン減税7】築後年数要件戸建て編~木造・新耐震~   記事一覧   空き家率ランキング・空き家数ランキングを予測してみて下さい!意外な結果が・・・|次へ ≫
カテゴリ:【 お金・ローン・税金・補助金 】
今日もお役立ち情報をお届けいたします、高崎不動産情報ライブラリーです。
住宅購入には切っても切れない住宅ローン、金利変動型が人気のようです。


先日、国土交通省より「令和元年度 民間住宅ローンの実態に関する調査」の結果が発表されました。

これは民間金融機関を対象に貸し出し状況等を調査した回答結果をまとめたものです。

<国土交通省>//www.mlit.go.jp/report/press/house01_hh_000098.html

調査対象機関は1,340機関、回答率は95%とのことです。

この調査結果によると、個人向け住宅ローンの新規貸出については、「変動金利型が最も高く、割合も60.5%になった」とのことでした。

前年度の変動金利型の割合も「50.7%」と過半数でしたが、今年度はさらにその割合が増加したようです。

たしかに、今月(2020年3月現在)の金利も、フラット35で1%前半という低金利が続いています。

変動金利の場合には、0.5%を下回るような金利の商品もあるようです。

短期的な支払金額を抑えるという意味では、この低金利は魅力的と判断されると思います。

ただ、注意していただきたいことは、住宅ローンは20~30年にわたる長期的な支払になる、という点です。

目下、経済が好転して金利が上昇する見込みがあるとは言えない状況ですが、10年後、20年後はわかりません。

例えば10年前のフラット35の金利は、2.5~3.0%の間くらいでした。

住宅取得後、積極的に繰上げ返済をして、短期で住宅ローンを完済する予定の方については、変動型の低金利を選択する方法もありだと思います。

早めにローンの残高を減らすことができれば、金利が上昇した場合の影響を抑えることができます。

一方で、住宅ローンを固定費として考え、安定的な家計のバランスを重視する方は固定型を選択することもありだと思います。

住宅ローンの選び方は金利だけではありません。

ライフプランも併せて、しっかり選択するようにしましょう。

【高崎不動産情報ライブラリーのサービス】


その1:不動産物件をAIが自動物件紹介サービス

【物件提案ロボ・土地情報ロボ】

 

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。
不動産データベース【REINS】登録翌日に「新着物件」の通知メールを送信致します。物件情報に加えて、物件の資産性をビッグデータにより評価書付きにてお届けするサービスです。

【REINS】のご説明

 売主から物件売却の依頼を受けると、不動産事業者だけが閲覧できる「レインズ」というデータベースに情報を登録することが法律で義務づけられています。どの不動産事業者に行っても同じ不動産情報が得られる仕組みになっており、全国各地から多くの買い手が物件を探すことができる仕組みになっています。


ご利用はコチラから⇒//era.self-in.com/takasaki01/robo


ご利用はコチラから⇒//era.self-in.com/takasaki01/land_robo



ご利用はコチラから⇒//era.self-in.com/takasaki01



ご利用はこちらから⇒//era.self-in.com/takasaki01/mdb

※セルフインのご登録が必要になります。



その2:お問合せから不動産物件をご契約いただくとTポイントプレゼント!


Tポイントプレゼントサービスについて、詳しくは画面トップ右上の「お問合せ」ボタンからお気軽にお問合せください。

高崎市倉賀野町・下之城町・島野町・大沢町・井野町・西横手町、前橋市大利根町・小相木町・六供町の新築戸建、売買、不動産査定・売却のことなら高崎テクノにお任せください♪
≪ 前へ|【住宅ローン減税7】築後年数要件戸建て編~木造・新耐震~   記事一覧   空き家率ランキング・空き家数ランキングを予測してみて下さい!意外な結果が・・・|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る