LIXIL不動産ショップ高崎テクノエステート > LIXIL不動産ショップ 高崎テクノエステート高崎不動産情報ライブラリー > ビル空室率と併せて考える住まい購入

ビル空室率と併せて考える住まい購入

≪ 前へ|納得できる土地選びのポイント3   記事一覧   中古住宅の取引活性化に土地・建物に官民共通IDを付与する時代へ|次へ ≫
カテゴリ:【 失敗しない不動産購入術 】
高崎テクノがお送りしています高崎不動産情報ライブラリーです。
コロナ禍での変化に伴う住まい選びについて、今日のテーマはこちらです。


都心5区のビル空室率の上昇が止まらないという記事がありました。

これまで都心に大型のオフィスを構えていた事業者がオフィス戦略の見直しを図り、オフィスの縮小や移転が多くありました。
これにより生じた大口の募集床が後継テナントを確保できず、現空となる事例が散見されているようです。オフィス需要はコロナ前の水準を下回る状況となっているとのことです。

職場の変化と住まい探しの優先項目
オフィスの縮小は主にテレワークの普及によるところが大きいと思います。
実際に、職場に出勤する回数が激減し、自宅で業務を行う方も増えたのではないでしょうか。
このことは、ライフスタイルから「通勤」という項目が減ることになります。

そのため、お住い探しの際に、「職場との距離」や「駅までの距離」、「急行停車駅」といった項目の優先順位が下がることになるかと思います。
たしかに、こうした項目の優先度が下がると、同じ予算でもより広い部屋やグレードの高い設備のあるお住まいが検討候補になってくるかと思います。

見落として欲しくない「資産価値」という視点
新しい希望条件でお住まい探しをする場合にも、「資産価値」という観点も忘れずにご検討いただければと思います。
状況は違いますが、一昔前に郊外の物件を買うことがブームになりました。
都内では多摩のベッドタウンなどです。

ただ、こうしたエリアは現在では、ひと時のブームが終わり、新しい買い手を見つけることが難しい物件になってしまっています。
不動産購入はたとえご自宅としての購入であっても、資産形成の一つの手段です。
投資的な視点から検討すれば、「総合的にマイナス評価の少ない」=「資産価値の落ちにくい」物件を選ぶべきだと思います。
駅から遠く、アクセスの悪い物件については、今の状況では問題がないかもしれませんが、将来的にもテレワークが続くとも限りません。
また、人口密集度の低いエリアの場合、水道や電気、ガスなどのインフラの整備や、買い物施設の維持などにも不安が残ります。

自分にとっての理想の環境と、他人にとっても平均点以上の物件
かと言って、テレワークがしづらく、家にいることがストレスになるような家を選ぶこともおすすめはしません。
日々の生活が充実することが、お住い探しの本質であると思います。
簡単なことではありませんが、自分にとっても生活し易く、他人にとっても魅力的に見える、というお住まい探しを目指していただければと思います。


【高崎不動産情報ライブラリーのサービス】

その1:不動産物件をAIが自動物件紹介サービス

【物件提案ロボ・土地情報ロボ】

 

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。
不動産データベース【REINS】登録翌日に「新着物件」の通知メールを送信致します。物件情報に加えて、物件の資産性をビッグデータにより評価書付きにてお届けするサービスです。

【REINS】のご説明

 売主から物件売却の依頼を受けると、不動産事業者だけが閲覧できる「レインズ」というデータベースに情報を登録することが法律で義務づけられています。どの不動産事業者に行っても同じ不動産情報が得られる仕組みになっており、全国各地から多くの買い手が物件を探すことができる仕組みになっています。





   

    詳しくはコチラ⇒『セルフィンについてもっと詳しく見る』




詳しくはコチラ⇒『全国マンションデータベースについてもっと詳しく見る』

※ご利用には事前にセルフインのご登録が必要になります。

 セルフィンご登録はコチラ⇒『セルフィンについてもっと詳しく見る』



その2:ご契約いただいた方にはTポイントプレゼント!



Tポイントプレゼントサービスについて、詳しくは画面トップ右上の「お問合せ」ボタンからお気軽にお問合せください。同じ物件を買ってTポイントがもらえるなら当社で決めるのが絶対お得♪

高崎市倉賀野町・下之城町・島野町・大沢町・井野町・西横手町、前橋市大利根町・小相木町・六供町の新築戸建、売買、不動産査定・売却、戸建賃貸「カスモ」のことなら高崎テクノにお任せください♪
≪ 前へ|納得できる土地選びのポイント3   記事一覧   中古住宅の取引活性化に土地・建物に官民共通IDを付与する時代へ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る